HOME

牧場について

牧場について

牧場全景

牧場全景

自宅

牧場近景

2007年に牛小屋をリフォームして建てた我が家。
大工さんと私の2人で半年がかりで建て替えました。

1階は牛小屋のため天井が低く、
羊毛の倉庫と食肉加工場に利用されています。

牛舎画像

このタイプの屋根を
「ギャンブレル屋根」という。
通常は6角形ですが、我が家は8角形です。
2階部分が広くとれるというメリットがある。

研究所

母屋画像

2018年に作った研究所、
羊毛加工施設、実習生の宿泊、
宴会など多目的なスペースです。

研究所は作ったもののもっぱら道楽に明け暮れ、
特に研究する気もないという事があからさまになる。

ヤード

牛舎画像

日本では追い込み柵と呼ばれる「ヤード」

羊の仕分けや毛刈り、投薬など
羊を追い込んで作業をするスペース。

効率よく仕事をこなすために不可欠な施設、
牧場の中心です。

放牧地

放牧地画像

10haのひろびろ放牧地。
ひま研では、放牧地を16に区切り、
順番に草を食べさせる集約放牧をしています。
草丈が短過ぎず長過ぎず一番おいしい牧草を
食べさせるのが羊飼いの仕事です。

放牧地画像

ひま研放牧地は山が隣接し、
日陰のための木々が茂り、
わき水や小川(5本あります)が流れる、
羊にとって非常によいシチュエーションです。

放牧地を見ずしてひま研を語るなかれ!

羊舎

羊舎画像

できるだけ広い空間で良い環境で羊を育てたい。

私が最も気をつけている羊の飼い方です。

1、お金をかけず、手作りで。
2、風通しの良さ
3、採光、乾燥
4、人の作業性の良さ

建てる時間よりも考える時間が長かったかも…。

羊舎画像

現在の羊舎の床面積は300坪(約1000㎡)
夏は仔羊の肥育舎として、
冬になると出産の場所として
季節によって様々な利用をします。